雨漏りが発生しやすい場所

雨漏りが発生しやすい場所

 

雨漏りがする場所は屋根とイメージする方は少なくありません。もちろん、屋根から雨漏りをすることもありますが、屋根以外の場所でも雨漏りが発生します。では、どのような場所で雨漏りが発生する可能性があるのでしょうか?

 

 

 

 

 

サッシ廻り

 

屋根以外の雨漏りで、一番雨漏りが発生しやすいのがサッシ廻りです。サッシは頻繁に開閉されるので、大きな負担がかかり劣化が進みやい部分でもあります。

 

大きくかかる負担の影響で故障が発生しやすく、それが原因となり雨漏りを引き起こします。サッシからの雨漏りを防ぐために、動作の不調、コーキングなどの確認やメンテナンス、修理対策などを定期的に実施することで雨漏りを防ぐことができます。

 

外壁

 

外壁雨漏りも、雨漏りの被害が多く発生する場所です。さまざまな原因が考えられますが、太陽の強い紫外線や酸性雨、強風などに常にさらされているため劣化しやすいのが事実です。それにより防水加工が剥がれたり、小さな亀裂が入り少しづつ広がり雨漏りをする場合もあります。外壁に雨漏りのようなシミを見つけたなら、すぐに雨漏りの原因を追究し、処置を施すことは大切です。

 

もしそのまま放置しておくなら、シロアリによる被害を受けるかもしれません。また、アパートやマンションなどの屋上部分はコンクリートで施工されているのが一般的ですが、コンクリートは時間の経過と共に劣化しひび割れが生じます。ひび割れが生じる前に、定期的にメンテナンスをし、雨漏りが生じないよう気を付けることができるでしょう。

 

雨樋

 

雨樋は、屋根面を流れる雨水をパイプを伝って地上や下水に導くもので、どの家屋にも設置されているものです。雨樋の破損や金具が変形などしていると雨漏れの被害が生じる可能性がでてきます。特に豪雨や強風、台風などに見舞われた直後には、雨樋に異常がないかどうかをしっかり確認するようにしましょう。

 

まとめ

 

雨漏りはさまざまな場所で生じます。屋根をはじめとし、サッシ廻り、外壁、雨樋などで主に雨漏りが生じています。日ごろから定期的にメンテナンスをしたり、異常な部分を修理することで雨漏りは予防することができます。

 

雨漏りが生じないよう、しっかりと対策をしていくようにしましょう。また、雨漏りを修理しないで放置しておくなら被害は拡大する一方です。シロアリなどの被害にならないよう雨漏りが生じたなら、すぐに修理をするようにしましょう。

関連ページ

雨漏りが起こる原因とは?
突然発生する”雨漏り”。雨漏りは屋根から発生していると考える方が多くいます。しかし、雨漏りの原因は、屋根だけではないことをご存知でしたか?では、何が原因で起こるのでしょうか?大きく分けて3つの原因についてみてみましょう。
マンションで発生する雨漏りの原因とは?
雨漏りは一軒家だけでなく、マンションやアパートでも発生します。特にマンションで発生する雨漏りの場合、自分の家だけの問題ではなく、他の住民も関係してくる場合もあります。 また、屋根や外壁以外の防水の影響も考慮にいれて原因を追究しなければなりません。では、マンションで発生する雨漏りの原因とその修理方法についてみてみましょう。
雨漏りを放置すると生じる2次災害とは?
誰もが一度は雨漏りを経験したことがおありでしょう。しかし、壁の隅やサッシなどに雨漏りらしいシミがあっても被害がないのでそのままほおっている方もいるのではないでしょうか?雨漏りは、放置しておくなら二次災害を引き起こします。具体的にどのような二次災害を引き起こすのでしょうか?
自分でできる雨漏り対策
雨漏りは突然生じます。快適に過ごしていた住居に生じる雨漏りは、代表的な住宅トラブルとも言えるでしょう。雨漏りが生じたなら、修理業者に雨漏りの修理をいらいすることがベストです。しかし、緊急時の雨漏り対策に備えて、その対処方法を知っておくことは大切です。では、雨漏りが生じたらどのように雨漏り対策を自分ですることができるでしょうか?
時期に合わせて雨漏り対策をしよう!
日本は四季がはっきりとしている国です。そのため、雨漏りに気を付けるべき季節や、雨漏りの修理に適した時期があります。では、いつ、どのように雨漏り対策をすることができるでしょうか?雨漏りのトラブルを避けるために雨漏り対策をすべき時期をさっそくみてみましょう。
雨漏りの修理に使えるリフォームローンとは?
雨漏りの修理をきっかけに、住宅のリフォームを検討する方は少なくありません。しかし、住宅の劣化による雨漏りや雨漏りの二次災害の場合、一般的な補修や塗装とは違い、費用が大きくかかります。そこで「リフォームローン」を利用してみるのはどうでしょうか?「リフォームローン」とはどのようなものなのかみてみましょう。
突然の雨漏りの応急処置方法
雨漏りが見つかったなら、すぐに信頼できる修理業者に修理の依頼をする必要があります。もし雨漏りを放置しておくなら二次災害を招き、その被害はさらに拡大することでしょう。しかし、雨漏りを発見したならまずは応急処置をとる必要があります。ではここで、素人でもできる雨漏りの応急処置方法についてご紹介しましょう。
屋根修理業者にできることとは?
一般的に多くの屋根修理業者は、屋根や雨漏りの修理はもちろんのこと、雨樋の修理、外壁のリフォーム、ベランダやバルコニーの防水工事や外壁塗装もすることができます。つまり、雨漏りに関することなら何でも相談することができます。では、具体的にその内容についてみてみましょう。
良い雨漏り修理業者の選び方とは?
世の中に雨漏り修理業者は数多く存在しています。そのため、いざ雨漏りが発生した時、どこの業者に修理を依頼したら良いのか分からない・・という方は少なくありません。雨漏り修理業者の中には、悪徳な修理業者も存在していますので、しっかりと見極める必要があります。では、どのようなポイントを抑えて良い雨漏り業者を選びことができるでしょうか?大きく分けて3つのポイントをみてみましょう。
雨漏りをセルフチェックしてみよう!
雨漏りは、台風や豪雨などで生じるものと思われる方もいるかもしれません。しかし、雨漏りは住居の劣化などでも生じるもので、そのような災害が生じなくてもさまざまな個所で雨漏りは発生するものです。しかし、雨漏りが生じる前に、自分でセルフチェックすることは可能です。では、さっそくセルフチェックすべき点について確認してみましょう。
雨漏り修理にかかる費用相場は?
雨漏りにかかる修理費用は誰もが一番気になる点です。各住居の屋根のタイプによって、費用の相場は異なってきます。では、一般的な修理業者の屋根の雨漏りの修理の相場費用はいくらくらいなのでしょうか?
雨漏り修理の調査方法とは?
雨漏りの修理を修理業者へ依頼すると、修理をする前にまず雨漏りをしている箇所や原因を追究するために調査を行います。調査をすることで雨漏りの原因が分かり、それによって修理方法が異なってきます。では、一般的にどのような調査を修理前に行うのでしょうか?雨漏り調査には4つの方法がありますので、それぞれの方法とその違い、費用の相場をみてみましょう。
雨漏り修理に火災保険は適応する?
雨漏りの修理はその被害の大きさにもよりますが、修理にかかる費用は決して安いものではありません。まして被害が大きく全体をリフォームすることになったら多額の費用がかかります。しかし、雨漏り修理に火災保険が適応されるということをご存知でしたか?では、雨漏りと火災保険の関係についてみてみましょう。
小さなひび割れが及ぼす雨漏りの影響
雨漏りに気づいたときには、すでに屋根や屋根裏、壁の内部で腐食の被害が拡大しています。しかし、現実的には住居の内部で雨漏りによるダメージが進行していることは気づきにくいものです。では、どのようなサインを見つけたら雨漏りに注意する必要があるのでしょうか?それは「ひび割れ」です。では、ひび割れが及ぼす雨漏りの影響についてみてみましょう。
新築物件で雨漏りが生じる理由とその対処方法
一般的に雨漏りの多くの原因は、経年劣化により引き起こされています。しかし、最近では築10年未満の新築物件住宅でも雨漏りが生じているようです。新築住宅で雨漏りが生じる場合、経年劣化が原因であるとは考えられません。では、何が原因で雨漏りが生じてしまうのでしょうか?
新築物件でも雨漏り対策をしよう!
”新築物件なら雨漏りの心配はナシ!”とほとんどの方が思われていることでしょう。確かに、そのように願いたいことです。しかし最近では”住宅欠陥”という言葉が社会問題となっているように、たとえ新築物件だとしても、絶対に雨漏りの心配がない、と断言することはできません。そこで今回は、新築物件の雨漏り対策についてご紹介しましょう。
雨といが原因の雨漏り対策とは?
雨漏りの原因として意外にも多いのが「雨とい」による雨漏りです。どこの住居にもある雨といですが、とても大切な役割をしています。そのため、雨といに異常が発生するならその被害として雨漏りが生じます。では、雨といの役割と、雨といによる雨漏り対策についてみてみましょう。
雨漏りとシロアリの関係
みなさんは、雨漏りとシロアリには密接な関係があることをご存知でしたか?実は、シロアリは湿った木材を好むため、雨漏りの影響で湿っている木材を好物としています。ですから、雨漏りをそのまま放置しておくならシロアリの被害を拡大させることになります。では、雨漏りとシロアリの関係、また予防する方法についてみてみましょう。
台風の影響で雨漏りした場合の対処方法
豪雨をもたらす台風の影響で、雨漏りが発生することがあります。雨漏りが発生すると何をしたらよいのか焦ってしまいがちです。そこで、台風の影響で雨漏りが発生した場合の対処方法を念頭にいれておくなら、いざという時に役立てることができます。では、台風の影響による雨漏りの対処方法についてみてみましょう。
悪徳修理業者の見分け方
数多くの修理業者が存在していますが、その中には悪徳修理業者も存在しています。特に雨漏りの修理の場合、悪徳修理業者に修理を依頼してしまうとほぼ99%の確率で雨漏りが再発します。そうなるとまた修理をする必要が出てきてしまうので、ムダな出費がかさみます。では優良な修理業者と悪徳修理業者はどのように見分けることができるのでしょうか?悪徳業者に共通している点をみてみましょう。
地元密着型の修理業者のメリット
突然生じた雨漏りの修理を業者に依頼する際、みなさんはどのように修理業者を選びますか?一般的に「地元密着型」の修理業者に依頼すると良いと言われているのはなぜでしょうか?では、地元密着型の修理業者に修理を依頼する際のメリットについてみてみましょう。
屋根修理の訪問販売には要注意!
わたしたちは普段、屋根を見る機会があまりありません。そのため、屋根修理の訪問販売の的になりやすい傾向があります。もちろん、良心的に営業をしている業者も存在していますが、多くの場合、訪問販売をしているのは悪徳修理業者です。そのため、多くの方がその被害にあいトラブルが後を絶ちません。では屋根修理の訪問販売の標的にならないためにどのように注意することができるでしょうか?
優良な屋根修理業者に共通している点とは?
雨漏りの修理を依頼する際、どこの修理業者に依頼したらよいのか誰もが悩むものです。なぜなら、数多くの修理業者が存在しており、その中には悪徳修理業者も存在しているからです。悪徳修理業者に引っかからないために、優良な修理業者に共通しているいくつかのポイントをご紹介しましょう。
屋根修理で追加料金が発生するのはなぜ?
雨漏りの修理を依頼すると、屋根の修理が必要となるケースもあります。施工にかかる前にしっかり見積もりをとったのに、施工後、追加料金が発生する場合があります。なぜ屋根の修理には追加料金が発生しやすいのでしょうか?その理由についてみてみましょう。